成人矯正歯科・
ミドルエイジに
おすすめの矯正歯科

成人矯正

コンプレックスを解消しませんか?
~成人矯正~

矯正歯科治療は子どもが受けるイメージが強いかもしれません。しかし、永久歯が生えそろい、顎の成長が止まった大人になってからでも、きれいな歯並びを手に入れることができます。それが成人歯科矯正歯科です。

相模原・橋本駅すぐの歯科医院「医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック」では、日本矯正歯科学会の認定医の院長が小児矯正歯科はもちろん、成人矯正歯科にも対応します。まずは、お気軽にご相談ください。

気になる歯並びで
悩んでいませんか?

  • 結婚式や成人式などの人生の節目のイベントを控えているのに……
  • 新社会人になる前にきれいな歯並びにしたい
  • 顎関節の痛みを改善したい など

気になる歯並びで悩んでいませんか?

歯並びや噛み合わせのお悩みをお聞かせください。「医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック」では患者様の想いに応えられるよう、一人ひとり治療計画を立てます。例えば、結婚式までにすべての歯並びが整わないときには、見える部分を先に治療し、式後続けて全体の治療を行ったケースも過去にございます。一人で悩まないでください。まずはお気軽に無料カウンセリングをお問い合わせください。

成人になってから矯正歯科治療を
行うメリット

成人になってから矯正歯科治療を行うメリット

メリット1治療計画が立てやすい

顎の骨の成長を考慮せずに、歯を動かすことだけに専念できるので、歯の移動が予測しやすく治療計画が立てやすいというメリットがあります。

メリット2計画通りの治療が進みやすい

自分の意思で治療を開始するうえ、矯正歯科装置などの選択もでき、納得した治療を受けられます。患者様が積極的に治療に参加するため、よい結果が得られやすいのもメリットです。

メリット3コンプレックスから解放される

大人になってから矯正歯科治療を始める方のほとんどが、口元にコンプレックスをもっています。きれいな歯並びになると、コンプレックスから解放され、思いっきりの笑顔になれて、毎日の生活が豊かに感じられます。

メリット4虫歯・歯周病予防につながる

歯がきれいに並ぶと、お口の自浄作用がはたらきやすくなるうえ、ブラッシングでも汚れが落としやすいので、虫歯や歯周病にかかりにくくなります。

メリット5全身のバランスが整う

噛み合わせのバランスが整うと、お口まわりのバランスが整います。それは全身のバランスにも影響し、バランスの悪さが原因の肩こりや腰痛が軽減する可能性が高まります。

見た目が気になる方へ

舌側(裏側)矯正

舌側(裏側)矯正

通常は歯の表面にブラケット(矯正歯科装置)を装着して、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かします。この唇側矯正はほとんどの歯並びを整えられますが、口元が目立ってしまいます。舌側矯正は、歯の裏側にブラケットを装着しワイヤーを通します。そのため、ほとんど目立ちません。特殊な技術が必要ですが、見た目が気になる方にはおすすめの矯正歯科装置です。

マウスピースによる矯正

マウスピースによる矯正

取り外し可能なマウスピースを使って歯を動かしていく矯正システムです。薄くて透明なマウスピースを一定期間ごとに取り替えながら歯を少しずつ動かします。透明なので目立ちにくいうえ、食事やブラッシングの際に取り外せるメリットがありますが、歯の状態によっては、治療が難しいことがあるのがデメリットです。

矯正歯科治療に使用する
矯正歯科装置

メタルブラケット

メタルブラケット

歯面に貼りつける金属の矯正歯科装置です。歯の表面のメタルブラケットにワイヤーを通して歯を少しずつ移動させる、もっともポピュラーな矯正歯科装置です。マルチブラケット方式は治療効果が高く、あらゆる症例に対応し、そして治療費も比較的抑えられます。金属装置が目立ってしまうのがデメリットです。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

マルチブラケット方式なのでメタルブラケットと同様の治療効果が期待できます。あらゆる症例に対応するうえ、ブラケットが歯の色になじむので目立ちにくいのがメリットです。費用はメタルブラケットより高額です。

クリアブラケット

クリアブラケット

サファイアガラスでできているマルチブラケットです。透明なブラケットなので、歯の色になじみ目立ちにくいのがメリットです。ただ、サファイアガラスを使っているので、メタルブラケットやセラミックブラケットより高額です。

アンカースクリュー

アンカースクリュー

顎の骨に固定源(アンカースクリュー)を埋め込んで歯を動かす矯正システムです。第1大臼歯を固定源にする従来の矯正歯科治療では難しい歯の移動が可能です。効果的に歯を後方移動できますが、アンカースクリュー(矯正歯科用インプラント)を埋め込む必要があります。

E-ラインは
美しい口元の基準のラインです

E-ラインは美しい口元の基準のラインです

E-ライン(エステティックライン)とは、1954年に歯科矯正医のDr.ロバート・リケッツが発表した美しい横顔の基準です。日本人女性の美しさの条件は、鼻の先端と顎の先端を結んだ線のやや内側に上下の唇の先端が収まっている状態です。

当院では、E-ラインを考慮して、歯並びや噛み合わせを整える矯正歯科治療をご提案します。気になる方はお気軽にご相談ください。

ミドルエイジに
おすすめの矯正歯科

魅力的な人生の充実につながります
~ミドルエイジにおすすめの矯正歯科~

子どもから手が離れ、自分の人生を見直す時期ですか? 精神的にも経済的にも余裕が生まれてくるミドルエイジの仲間入りをしたお母様で、これからの長い人生の充実のために、自分の健康美を考える方が増えています。それは矯正歯科治療のご相談が増える時期でもあります。

矯正歯科治療は歯や歯ぐきが健康であれば何歳になってからでも始められ、美しい歯並びが手に入ります。さらに高齢になると、歯や歯ぐきの健康が心配になってきますので、ミドルエイジの若さと健康を謳歌している時期に、思い切って口元をきれいにしませんか?

QOLを向上させ明るい未来へ。
こんな想いはありませんか?

  • 子育ても終わったので、自分の健康美に投資したい
  • ずっと気になっていた歯並びをきれいにしたい
  • 歯や歯ぐきの健康を守りたい
  • 子どもの結婚式で自然な笑顔になりたい など

QOLを向上させ明るい未来へ。こんな想いはありませんか?

ミドルエイジは、生活の中で大きな割合を占めていた子育てのための学費の負担が終わり、やっと自分の時間が持てるようになる時期です。寿命が延びている日本では、まだ人生の半分にも差しかかっていないかもしれません。これからの長い人生を豊かにするためには健康が欠かせませんし、美しさの維持にも気持ちが動く時期でもあります。

QOLとは?

QOLとは?

QOL(クオリティ オブ ライフ)は直訳すると「生活の質」「人生の質」で、私たちが生きるうえでの満足度をあらわします。「ただ生きるのではなく、充実していて心身が満たされた生活を送る」ことが大切なのです。その一つが何歳になっても自分の歯で、食べて、話して、笑うことです。そのためにも、ミドルエイジの心身ともに充実した時期から将来を見据えて、お口全体の健康を考え、歯並びや噛み合わせを整えることをおすすめします。

今からでも遅くありません。
矯正歯科治療するとこんなにメリットがあります

今からでも遅くありません。矯正歯科治療するとこんなにメリットがあります

「今から矯正歯科治療なんて……」と思っていませんか? 経済的にも時間的にも余裕がでてきた年代だからこそ、アクティブな方が増えています。しかし口元が不健康だったり、歯並びが乱れていたりすると年齢が外見にあらわれがちです。今からでも遅くありません。それは矯正歯科治療にはさまざまなメリットがあるからです。

メリット1歯周病や虫歯にかかりにくくなる

歯を失う原因の第1位は歯周病で第2位は虫歯です。歯並びや噛み合わせが整うと、お口の自浄作用がはたらきやすくなり、さらにブラッシングもしやすくなるので、お口のトラブルの原因になる汚れやプラーク(歯垢)が落ちやすく、お口のトラブルを起こしにくくなります。

メリット2しっかり噛める

食べ物を噛み切り、細かく砕き、すりつぶす一連の咀嚼がうまくできるようになるので、胃腸への負担を抑えられます。そして何でも食べられるので食生活が楽しくなり、また健康につながります。

メリット3歯の寿命が縮みにくい

歯は全体でバランスを取り咀嚼でかかる力を分散していますが、噛み合わせが悪く、一部に過度の負担がかかっていると、その歯を早く失うことにつながります。矯正歯科治療で噛み合わせを整えると、歯の寿命を縮める要因の一つを取り除けるのです。

メリット4コンプレックスが解消する

口元に自信がないとすぐに口を手で隠したり、会食をためらったり、笑顔をためらったりしてしまいがちです。さらに内向的な性格になることもあります。しかしきれいな口元を手に入れれば、長年のコンプレックスが解消し、積極性が増し、人生の謳歌につながります。

メリット5「頭が重い」、「イライラする」など不定愁訴の改善の可能性がある

歯並びや噛み合わせが悪いことが原因で、お口まわりだけでなく全身のバランスがくずれ、それが肩こりや頭痛、腰痛などを引き起こすことがあります。耳鳴りや不眠症、イライラが解消することもあるのです。

Q&A~よくあるご質問~

矯正歯科治療は何歳までできますか?

矯正歯科治療には年齢制限はありません。40代でも50代でもそしてそれ以降でも治療を受けている方がたくさんいらっしゃいます。治療ができるかどうかの決め手は、歯や歯ぐきなどのお口の状態です。虫歯や歯周病がある方は、そちらの治療が優先しますが、そのあとで、体調やお口まわりの状況をふまえて、できるだけ負担の低い治療法をご提案します。

できるだけ抜歯は避けたいのですが……?

大切な歯はできるだけ抜かないことが基本です。しかし、お口の状態によっては抜歯をせずに矯正歯科治療するほうが、まわりの歯に大きな負担をかけてしまうことがあります。その場合には、丁寧に分かりやすくご説明して、抜歯を含めた治療法をご提案しますので、まずはご相談ください。

痛い治療は受けたくないのですが大丈夫でしょうか?

矯正歯科治療では歯を少しずつ動かしていくので、まったく痛みがないとはいえません。多少の痛みはありますが、ほとんどの方がすぐに慣れる程度の痛みです。とくに矯正歯科装置を装着した直後や、調整をした直後は違和感が強いことが多いといえますが、2~3日間を過ぎれば痛みがなくなることがほとんどです。

歯が後戻りするのが心配です

矯正歯科治療で歯を理想の位置に動かして矯正歯科装置を外すと、もし何もしないと歯は元の位置に戻ろうとします。この後戻りを防ぐために装着していただくのが、取り外し可能な保定装置です。矯正歯科治療を行った期間と同じくらいの期間、保定装置を使ってください。そして3~6ヶ月ごとにご来院いただき、歯と歯ぐきの状態や、噛み合わせなどをチェックします。その際にはプロフェッショナルクリーニングを行い、お口全体の健康をサポートいたします。

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

きれいで整った歯並びや噛み合わせはお口まわりの健康だけでなく、コンプレックスの解消につながり、人生を豊かにする可能性を秘めています。矯正歯科治療は、歯や歯ぐきが健康であれば、何歳になってからでも始められます。口元が気になる方は、お気軽にご相談ください。思いたったときが治療開始のチャンスです。無料カウンセリングもご提供しますので、お問い合わせフォームでご相談ください。

to top