小児矯正
・中高生の矯正

小児矯正

子どものころから将来を見据えて
~小児矯正~

顔貌が一人ひとり異なるように、歯並びも一人ひとり異なりますが、骨格が親子で似るように、歯並びも似る傾向があります。お子様の将来の歯並びが心配な方、そして、すでに歯並びの乱れが気になるお子様はいらっしゃいませんか?

相模原・橋本駅すぐの歯科医院「医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック」では、日本矯正歯科学会の認定医の院長が小児矯正にも成人矯正にも対応します。お口の状況や成長のタイミングに合わせて矯正歯科治療をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

一生涯をともにする健康な歯並びのために小児矯正は大切です

一生涯をともにする健康な歯並びのために小児矯正は大切です

近年、食生活の変化などの影響で、歯の大きさに対して顎が細い傾向があります。歯と顎のアンバランスさは骨格とも関連しますので遺伝的な影響もありますが、さまざまな理由により多くの児童の歯と顎のバランスが悪く、永久歯がきれいに並ばないため、歯並びが乱れることが少なくありません。小児矯正では、お子様の成長を利用して顎の大きさを拡げ、上下左右の噛み合わせや顔貌のバランスを整えられるので、効率的な矯正歯科治療が可能です。

小児矯正開始のタイミング

小児矯正開始のタイミング

小児矯正は、歯並びを整えるというよりは、上下の顎の位置を調整し、歯が並ぶスペースを確保するために顎を拡げるのが目的です。将来的に永久歯がきれいに、そして健康的に並ぶようにするために行うので、乳歯から永久歯への生え替わりの時期に開始して、成長を利用して上下の顎を調整します。そうすれば、将来的に歯が並ぶスペースを確保するために永久歯を抜く可能性を低く抑えられます。お口の状態によって、効率よく矯正歯科治療を行える開始時期が異なりますので、お子様の歯並びが気になる方はお早めにご相談ください。

目立ちにくい矯正歯科装置も
お選びいただけます

目立ちにくい矯正歯科装置もお選びいただけます

矯正歯科装置というと思い浮かべるのが銀色の装置を歯面に貼りつけ、そこにワイヤーを通す「メタルブラケット」だと思います。当院では、目立つ矯正歯科装置だけでなく、あまり目立ちにくい固定式の装置も扱っていますので、お気軽にご相談ください。

子どものうちから
矯正を行うメリット

子どものうちから矯正を行うメリット

メリット1顎を拡げやすい

顎の成長期にある10歳前後までは、成長をコントロールできます。この時期を逃すと、顎の拡大は難しくなります。

メリット2歯が動きやすい

子どもの歯を支える顎の骨はやわらかく、弱い負荷で調整できるので、歯を動かしやすいうえ比較的痛みも軽くすみます。

メリット3抜歯のリスクを減らせる

大人になってからの矯正歯科治療では歯を並べるために抜歯をしなければならないことがありますが、成長期に顎を拡げておけば、抜歯のリスクを減らせます。

メリット4適応能力が高い

子どもは何においても適応能力が高いので、矯正歯科装置にも早く慣れる傾向があります。また歯や歯ぐき、まわりの筋肉も整いやすいのがメリットです。

メリット5治療費を抑えられる

歯の移動が大人よりもスムーズなので、治療期間の短縮や治療費用を抑えることにつながる可能性があります。

メリット6お口のトラブルの早期発見につながる

子どものころから定期的に診察するので、永久歯の欠落や過剰歯の可能性も念頭に入れながら、乳歯から永久歯へのスムーズな生え替わりもサポートできます。

中高生の矯正

顎の成長を利用して~中高生の矯正~

歯並びが気になる中高生の皆様、相模原・橋本駅すぐの歯科医院「医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック」にご相談ください。日本矯正歯科学会の認定医の院長が一人ひとりのお口の状態や成長段階、ご要望をふまえて矯正歯科治療をご提供します。ご相談のカウンセリングは無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

矯正歯科治療をお考えの
中高生の皆様へ

矯正歯科治療をお考えの中高生の皆様へ

中高生の方は、まだ顎の骨の成長過程にある方も、すでに骨格の成長が終わった方もいらっしゃいます。またスポーツに力を入れている方、楽器の演奏に長い時間を費やしている方とさまざまです。そのため当院では、一人ひとりのお口の状態だけでなく、学生生活やご要望に応じた治療法をご提案します。まずはお気軽にご相談ください。

中高生のころから
矯正を行うメリット

中高生のころから矯正を行うメリット

メリット1抜歯リスクを小さく抑えられる

第1大臼歯は6歳ころに生えますが、その奥の第2大臼歯は12歳ころ生えてきます。顎の骨がまだ成熟しておらず、第2大臼歯がまだ生えていない時期に矯正歯科治療を開始すると、ほとんどの場合、顎の骨の拡大ができ、歯がきれいに並ぶスペースの確保が可能です。大切な永久歯を抜かずに、歯並びを整えられる可能性が高まります。

メリット2歯の後戻りを小さく抑えられる

顎の骨がまだ成長過程にある段階で、顎を拡げ、歯並びを整えると、理想の位置に安定したあと矯正歯科治療を終えたときに、歯の後戻りの力が弱い傾向があります。保定期間は必要ですが、その期間の短縮ができる可能性があるのです。

メリット3顎の上下バランスが整えやすい

第2次成長期にある中学生のうちに矯正歯科治療を開始できれば、上下の顎のバランスも整えやすく、上下左右のゆがみを減らせます。噛み合わせを整えやすいうえ、顔貌のバランスや全身のバランスにも影響します。

Q&A~よくあるご質問~

矯正歯科治療にはどのくらいの期間がかかりますか?

歯並びや成長過程により異なりますが、永久歯が生えそろったあとの歯並びを整えるための矯正歯科治療では1~2年ほどで歯を理想の位置に動かします。そのあとは、その位置で安定させるための保定を行い、取り外し可能な装置を装着していただきます。その期間は歯を動かした期間と同じくらいというのが目安です。

スポーツをしていますが、矯正歯科治療はできますか?

矯正歯科治療は、ほとんどのスポーツとの両立が可能です。激しいコンタクトがあるスポーツの場合は、特殊な矯正歯科装置で対応できるかもしれませんので、まずはお気軽にご相談ください。

矯正歯科治療中の食事で気をつけることはありますか?

矯正歯科装置に付着しやすいキャラメルやガムなどは控えてください。また、硬い食べ物を無理に噛むと矯正歯科装置が外れてしまうことがあるので、小さく砕いてから食べましょう。食べ物が装置に引っかかったり、付着した食べ物を落としにくかったりすることがあります。そのため虫歯予防の観点からも、食後のブラッシングは丁寧に行うことが大切です。

気になる部分だけ矯正歯科治療できますか?

歯並びによっては、部分的な矯正歯科治療が可能かもしれません。お口の状態を確認してからの診断が必要ですので、まずはご相談ください。

お気軽にご相談ください

きれいで整った歯並びや噛み合わせは一生の宝物です。口元の見た目はもちろん、全身の健康にもつながります。口元が気になる方は、まずお気軽にご相談ください。無料カウンセリングもご提供します。お電話または、お問い合わせフォームをご利用ください。

to top