抜かない矯正

抜かない矯正

健康な歯をできるだけ残す~抜かない矯正~

天然歯に勝る人工歯はありません。大切な永久歯ですので、歯並びを整えるためとはいえ、抜歯するのにはほとんどの方が抵抗を感じるのではないでしょうか? 相模原・橋本駅すぐの歯科医院「医療法人蒔秀会 矯正歯科モガワクリニック」では、日本矯正歯科学会の認定医の院長を中心に、できるだけ抜かない治療をご提供します。ただし、患者様のお口の状態や年齢などを考慮して、「抜いたほうがいい」「抜かないことでリスクが増える」場合などは、丁寧にご説明しますので、歯並びや噛み合わせのお悩みはお気軽にご相談ください。

歯を抜かない矯正とは?

歯を抜かない矯正とは?

大切な歯の健康を守るために行う矯正歯科治療ですので、歯を残すこと、歯を抜かないこと、非抜歯が治療の基本です。しかし、顎のスペースが足りず、歯をきれいに並べられないときには、どうしても抜歯が必要になります。その際には、分かりやすくご説明して、抜歯のメリット・デメリットをお伝えします。

抜かない矯正の治療方法

奥歯を移動してスペースをつくる

奥歯を移動してスペースをつくる

永久歯は親知らずを除いて28本あります。その奥にスペースがあれば、一番奥に生えている歯をさらに奥に移動させて、すべての歯がきれいに並ぶスペースをつくります。

歯列全体を側方に拡げる

歯列全体を側方に拡げる

側方に大きく拡大すると治療の後戻りをしやすくなるので、過度に拡大しないように調整します。歯が動くのには数ミリ拡大させるだけなので、顔の輪郭にはほとんど影響しません。

歯と歯の間を削ってすき間をつくる

歯と歯の間を削ってすき間をつくる

歯の表面のエナメル質を少しだけ削ってスペースをつくります。1本の歯を0.3mm程度削れば、5本で1.5mmの空間がつくれます。

ピックアップ
【抜かない矯正を行う際の注意点】

ピックアップ【抜かない矯正を行う際の注意点】

  • 非抜歯の矯正歯科治療は、歯並びのアーチを拡げるので、治療後、慣れるまでのしばらくの間、少し口の中が広がった感覚が残ることがあります
  • 親知らずが生えている場合には、抜歯が選択されることがほとんどです
  • 歯の移動や歯列の拡大の際に、特殊な装置を使うことがあります
  • 骨格に問題があるときには、外科手術を行うこともあります

矯正歯科治療で抜歯をしない
メリット・デメリット

メリット
  • 健康な歯を残せます
  • 将来的に虫歯やケガなどで歯を失ったときにその機能を補う治療の選択肢が広がります
デメリット
  • 詳しい検査結果では「抜歯」したほうがいいと診断しているにもかかわらず、無理に「非抜歯矯正」を選ぶと後戻りの心配があります
  • 無理に歯を動かすと、歯根に負担がかかったり、歯ぐきに負担がかかったりしてお口の健康がおびやかされる可能性があります

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

矯正歯科治療を行う際には、詳しい検査や診断が欠かせません。当院では、お口まわりの治療中や治療後のシミュレーションを行って、抜歯・非抜歯を含めて検討し、お口の状態に合う治療法をご提案します。綿密な治療計画を立てますので、納得のいく治療法をお選びください。口元が気になる方は、お気軽にご相談ください。無料カウンセリングのお問い合わせフォームもご利用いただけます。

to top